愛犬と防災特集(1)準備編|もしもの時に愛犬に不安を与えないように

こんにちは。ドッグヘルスアドバイザーのだいずです。

今回は、ワンコと災害について考えたいと思います。

近頃、豪雨や台風、地震といった災害が頻繁に起こり、避難生活は全く他人事ではなくなりました。

実際にペットと避難することを想像してみると、どのくらい準備ができているでしょう。
一体何から揃え、どのくらい準備すればよいのでしょうか。

意外と役に立つもの、忘れがちになるものも合わせてまとめたいと思います。

もしもの時に愛犬に不安を与えないように今から備えておきましょう。

何を、どれだけ準備すればいいの?

必ず準備するもの

まず必ず準備したいものです。

災害などもしもの時に自宅に準備しておくべきリストです。

大きな災害となると、スーパーやコンビニも通常通りの営業はできません。

特にペット用のものは、後回しにならざるを得ません。

自宅で避難生活をする場合や避難所生活を余儀なくされる場合も含め、下記のリストのものは必ず準備しておきたいものです。

持ち出し袋には、これらから入れよう。(どのくらい)

  • ドッグフード(3日分以上)・・・最低限3日分は必要といわれています。
  • 持病の薬、療法食・・・・・命にかかわるものは最優先で準備してください。
  • 飲み水(3日分程度)・・・人間用と兼用でOKです。犬の飲み水分を追加しましょう。犬はミネラル分の少ない軟水がおすすめです。(いろはすなど)
  • フード用食器・・・・・・・折り畳みができるものがあると持ち出しに便利です。
  • ペットシーツやうんち袋(3日分)・・排泄物は周囲に気を遣う点です。責任をもって処理できる準備をしましょう。
  • いつものタオルや毛布・・・いつものにおいがするものは落ち着きを与えてくれます。
  • おもちゃ・・・・・・・・・物資では手に入らないでしょう。長引く避難ではストレス解消に必要です。
  • ウエットティッシュ・・・・水を節約できるので重宝します。
  • ごみ袋(多めに)・・・・・排泄物を入れる分を含めて多めに準備しましょう。

あると便利なもの

  • 水用食器・・・・・・・・・フード用と分けましょう。
  • 特徴がわかる写真、飼い主と一緒の写真・・はぐれたり逃げてしまった時に特徴を伝える方法として便利です。
  • 抜け毛を掃除できるもの・・周囲に迷惑が掛からないよう、抜け毛を簡単に掃除できるものを用意します。(ガムテープや粘着ローラーなど)
  • 新聞紙・・・・・・・・・・シーツに使用したり、床に敷いて防寒にしたりと用途が多いです。
  • 食品用ラップ・・・・・・・食器を覆うことで洗い物が減り水を節約できます。
  • 布テープと油性ペン・・・・伝言や自分のものに名札を付けるなどとして利用できます。
  • チャック付き保存袋・・・・開封したウエットフードなどもにおいをさせず清潔に保管できます。
  • ペット用お留守番カメラ・・・外出先からスマホで愛犬の様子をすぐに確認できます。また声をかけてあげることもできます。

犬や猫は地震などでびっくりしたときに、パニックになって逃げてしまうケースもよくあります。

そんな時にすぐに愛犬の特徴が伝えれれるような写真が重要です。

最近では携帯に写真を入れている方も多いですが、災害時は停電や充電切れも考えられるので写真として準備しておきましょう。

また最後の「留守番用カメラ」ですが、我が家ではFurboドッグカメラを使っています。

ファーボドッグカメラ クリスマスセール クーポン配布中
スマホから愛犬の様子がリアルタイムでいつでも確認できますし、マイク機能で「大丈夫だよ」と声をかけて一時的に安心させてあげることもできますので災害時でもとっても便利なグッズです。

ドッグフードはローテーション方式でストック


ついつい備蓄している食品は「賞味期限がいつのまにか切れてた!」なんてことも多いですよね。

愛犬のドッグフードにももちろん賞味期限があります。

賞味期限の切れたドッグフードは、酸化が進んでおり下痢や嘔吐など消化器官に負担を与えるので絶対に避けましょう。

我が家では常に2袋ドッグフードがある状態でストックしています。
(ローテーションストック)

2袋のうち、賞味期限が近い方をいつものフードにして、賞味期限が長いものをストックにします。

そして食べていたフードが終わったら、今までストックにしていたフードをいつものフードにおろしてきます。
新しく届いたフードをまたストックにする。

これの繰り返しですね。

ドッグフードはドライフードがおすすめ

缶詰などのウェットフードは賞味期限が短く、また開封してしまうと冷蔵保存しなければならなかったりと管理が難しいですね。

災害時にはドライフードがおすすめです。

ウェットフードは災害時に管理がしにくいだけでなく
・歯垢がつきやすく歯周病になりやすい
・保湿剤や保存料などの人口添加物が多い
などの問題点もあります。

もし普段からドライフードを食べないワンコであれば、少しずつドライフードに切り替えてあげましょう。

おわりに


いかがでしたでしょうか?意外と準備できていないものもあったのではないでしょうか?

地震や台風など日本中で災害のリスクがある中で、どこか「まぁ大丈夫だろう」と油断しがちですよね。

ですが、愛犬への準備は飼い主である私たちしかしてあげられません。

大切な家族である愛犬がもしもの時に不安な思いをしないように、しっかり準備してあげましょう。

また次回は、防災特集(2)発災時編、(3)避難時編についても書いていきたいと思います。

この記事はこの書籍を参考にしました。
イラストも多くてわかりやすく、貴重な経験談が多く掲載されていて大変参考になります。
ペットと避難することを取り上げた本も少ないので、貴重な本です。是非おすすめします。


SNSでは最新情報やイベントごとを発信しています!よろしければフォローお願いします!

Facebookページ

Instagram

友だち追加


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です